ダイビングスキルのステップアップ
(各コース&スキルアップの紹介)

オープンウォーターダイバー

オープンウォーターダイバー

ダイバーになる為のコースです!
このコースでは、ダイビング時に使用する器材の使い方や水中での泳ぎ方、緊急時の対処方法を学びます。
安全にダイビングを楽しむ為にも、このコースはとても重要です。ダイビングのルールや知識、水中生物とのふれあい方も学んで、次のステップアップに繋げましょう♪

学科講習:6時間×1回
プール講習:3時間×2回
海洋実習:2回

アドバンスドオープンウォーターダイバー

アドバンスド・
オープンウォーターダイバー

ライセンスを取得したからと言って、どこでも潜れるわけではありません。このコースでは、ダイビングを楽しむ幅を広げる為に、応用スキル・知識を学んでいただきます。

学科講習:6時間×1回
海洋実習:2回
<海洋実習中に行うスキル>
・浮力調整スキル・コンパスを使ったナビゲーション
・夜or視界が悪い時にスキル・深い水深(20m)でのスキル
・船を利用したダイビング(流れへの対処スキル)

★アドバンスコース後、ステップアップに必須スキル

一般救急法スキル

一般救急法スキル

酸素供給技術ー

酸素供給技術

ダイビングにおいて緊急の事態が発生することもゼロではありません。自分のバディーやお友達、家族を助けるためにもセーフティートレーニングを学びましょう。

学科講習:5時間×1回
※2回に分けて実施することも可能です※
<実施するスキル>
・心肺蘇生法を含めた応急救護スキル
・緊急時の酸素供給法

★アドバンスライセンス+ステップアップスキル取得+18ダイブログ以上でスタート

レスキューダイバー

レスキューダイバー

ダイビング時のストレスは、レスキューが必要な状況を引き起こしたり、事故の主な原因にもなったりします。このコースでは、ストレスの発生原因を知り、どのようにコントロールするか、バディーとの対処方法を学びます。

学科講習:4時間×1回
プール講習:3時間×2回
海洋実習:1回

★レスキューコース後、ステップアップに必須スキル

レクリエーショナル・ナイトロックス

レクリエーショナル・
ナイトロックス

ダイビングでは体内に蓄積する窒素量により、潜水時間が決まったり、障害が発生したりします。「ナイトロックス」を使用すると窒素の影響を低減し、より長い時間潜ったり、減圧症のリスクを軽減することができます。このコースでは、「ナイトロックス」の特性、潜水計画の立て方などを学びます。

学科講習:2時間×1回
海洋実習:1回

★レスキューライセンス+ステップアップスキル取得+50ダイブログ以上で取得

マスターダイバー

マスターダイバー

レクリエーショナルダイバーで最高レベルのダイビングライセンス。経験もスキルも習熟したことを証明します。このライセンスを取得すれば、ほぼ全てのダイビングポイントでダイビングを思いっきり楽しむことができるようになります。

ただし、ダイビングポイントの中では経験ダイブログ制限や特殊なスキルが必要なダイビングポイントも数多くあります。マスタダイバーになったからと言って、日々のスキルの見直しや経験をかさねることで、更なる発見に出逢えることを忘れないでくださいね!

★ダイビングへの情熱や経験をたくさんの方々に伝えたい、分かち合いたい方は・・・

ダイブマスター・オープンウォーターインストラクター

ダイブマスター

ダイブプロフェッショナルプログラムでは、トレーニング方法やグループ管理、ガイドスキルなど、ダイバーを育成するために必要なあらゆることを学ぶことができます。
コース内容などはスタッフにお問合せ下さい。

ライセンスコース・スキルアッププログラム 料金表

※表示料金はすべて税抜き価格です。

コース・プログラム コース概要 コース料金(総額) 備考
オープンウォーターダイバー
最初のコース
オープンウォーター
ダイバー
スキューバダイビングを行うのに必要な基本的な知識と装着する機器の操作技術を学びます。水の特性を理解することで水中を自在に楽しむことができます。時間をかけてじっくり基礎を身につけていきましょう。 49900 学科・プール2回
海洋実習2日(6ダイブ)
器材レンタル含む
アドバンスドオープンウォーターダイバー
アドバンスド・
オープンウォーターダイバー
オープンウォーターで学んだ基礎技術の定着と応用技術の習得を目指します。新たに船を利用したダイビングや、深い水深の経験とコントロールを学びます。 89900 学科
海洋実習2日(5ダイブ)
器材レンタル含む
一般救急法 酸素プロバイダー
一般救急法+
酸素供給技術
ダイビング時の不測の事態に対処するために、一般救急と純酸素の取り扱い方法を学びます。ステップアップとして必要な技術ですが、ダイバーとして技術を習得することがマナーにもなる大切なコースです。 54800 学科講習のみ
レスキューダイバー
レスキューダイバー
人命救助を学ぶイメージが強いですが、SNSI(サンズ)ではダイビング中に起こるストレスをコントロールするために環境負荷をかけたトレーニングを行います。どんな海でもヘコたれない力が獲得できます。 85000 学科・プール1回(6時間)
海洋実習2日(4ダイブ)
器材レンタル別途
レクリエーショナル・ナイトロックス
レクリエーショナル・
ナイトロックス
ダイビング中の窒素による身体への負担を軽減するために用いられる特殊タンクの取り扱いを学びます。海外ではすでに主流となっており、ほとんどの地域で利用されています。 59800 学科
海洋実習1日(2ダイブ)
器材レンタル別途
マスターダイバー認定
マスターダイバー認定
各コースを履修し、しっかりと技術あるダイバーになった証明としての認定カードです。現状に満足せず、特殊技術やストレスコントロールを習得し、どんな海でも潜れるように己を磨き続けましょう。 10000 認定のみ
ダイブマスター
ダイブマスター
最上級ダイバーとして不測の事態を未然に防ぐ方法や、バディーやグループでのコントロール方法を学びます。また自身のストレスコントロールの極みを獲得し、ガイドに頼らない真のダイバーを目指します。 278000 詳細はスタッフまで
体験プールダイビング
プールトレーニング
(3時間)
苦手技術の克服や安定水域でのトレーニングはプールが一番です。またサンズでは定期的な基礎技術・緊急対処方法の見直しを推奨しています。 19000 森ノ宮・九条ラクタブ(門真)の施設を利用します
○スキルアップ・レスキューダイバープログラム ダイビング料金
ダイビングタイプ 基本料金 フルギア持参価格 機材預かり割 器材レンタル
2ビーチ 25000 23000 22000 軽器材:2000
COM:1000
1ビーチ 1ボート 28000 26000 22000 ウェット:1000
ドライ:3000
2ボート 30000 28000 27000 重器材:3000
フル:7000/9000
スキルアップ/レスキューダイバープログラムにつきましては、実習地の選択はできません。
学科講習はダイビングスクールサンズ(店舗)にて行います。
プール講習は、大阪市内ダイビングプールを利用します。
海洋実習地は、白崎海洋公園、日高、白浜、串本にて実施致します。日帰りのみの対応です。
なお、海況により別ポイントにて行う場合もありますが、その場合は事前にご相談致します。
また、学割・コンビ割・グループ割も適用致しますが、コンビ割・グループ割は同プログラム実施者同士に限ります。
○スキルアップ・レスキューダイバープログラム 各種割引プラン
各種割引プラン
学割(社会人の方は23歳まで) 基本料金より5%オフ
コンビ割(2名様でお申し込み) 基本料金より-2000/おひとり
グループ割(3名様以上でお申し込み) 基本料金より-3000/おひとり
コンビ割・グループ割は同プログラム実施者同士に限ります。
その他、割引プラン(学割/預かりサービス/フル器材持参)とポイントカード特典と併用可能です
○キャンセルポリシー
講習・
ダイビング内容
出発8日前まで 7~4日前 前々日 前日・当日
ダイビング講習
(学科・プール)
無料 無料 5000 10000
ダイビング講習
(海洋実習)
ファンダイブ
(日帰り)
ファンダイブ
(宿泊あり)
宿泊キャンセル代+ 5000 宿泊キャンセル代
+ 10000
※海況不良によるポイント変更、キャンセル時については適用外です。
日程変更や日程のキャンセルについては、必ず営業時間中に電話もしくはEメールにてご連絡お願いします。営業時間を超えて連絡された場合には、翌日をキャンセル受付日とさせていただきますので、ご注意ください。
各学科講習、プール講習についても同様に適用致します。
なお、海況不良に伴うダイビングポイントの変更、中止につきましては対象外と致します。