ダイビングスキルのステップアップ
(各コース&スキルアップの紹介)

オープンウォーターダイバー

オープンウォーターダイバーコース

ダイバーになるための第1歩。スキューバダイビングを行うのに必要な基本的な知識と装着する機器の操作技術を学びます。海や湖といった水中環境は、日常生活とは全く異なった場所になります。水の特性を理解することで水中を自在に楽しむことができます。
これからダイビングを楽しむためにも、また新しいダイビングスタイルを学ぶためにも基礎となる技術の習得はとても重要です。じっくり学べるように、サンズでは水中での練習時間を国際基準よりも長く取っています。上手くできないことを克服する時間を設けたり、出来る技術をさらに磨くこともできます。

<受講内容>
学科講習×1回(5時間)
プール講習×2回(3時間/回)
海洋実習×2日(潜水回数6回)

アドバンスドオープンウォーターダイバー

アドバンスド・オープンウォーターダイバー

オープンウォーターダイバーコースで学んだ知識や機器の操作方法をもとに、さまざまなダイビングの楽しみ方と応用技術を学ぶコースです。またオープンウォーターダイバーコースで学んだ基礎技術の習慣化と定着を目指すためにも大切なコースになります。
コース中には、船を利用したダイビングや夜間(視界が悪い時)のダイビング、深い水深でのダイビングを経験します。それぞれのダイビングの特色や注意点を理解し、ダイビング前の準備や心構えを習得しましょう。修了後はオープンウォーターレベルでは行けない「水深」「ダイビングポイント」に行くことができます。ダイビングの楽しむ範囲も大きく広がります。

<受講内容>
学科講習×1回(5時間)
海洋実習×2日(潜水回数6回)

一般救急法スキル 酸素供給技術 レクリエーショナル・ナイトロックス

セーフティダイバープログラム

遊びのダイビングをとおして、徐々にダイビングに慣れてきたところで、気が緩むことも・・・。流れがあるような少しアグレッシブなダイビングポイントに挑戦する前に、安全面の知識強化を行いましょう。
セーフティダイバープログラムでは、ダイビング時の不測の事態に対処するための知識や、安全潜水を向上させる方法としての特殊なタンクの取り扱い方法を学びます。ステップアップとしてではなく、ダイバーとして技術を習得することがマナーにもなるとても大切なカリキュラムです。

<受講内容>
学科+実技指導(5時間)
海洋実習1日(潜水回数2回)

レスキューダイバー マスターダイバー

エキスパートダイバープログラム

安全面の知識強化ができたら、いよいよ上級レベルへ。今までの経験にプラスして、水中ストレス耐性を強化しましょう。マスターできれば、焦る状況やヒヤリーハットを防ぐことができます。
SNSI(サンズ)ではダイビング中に起こるストレスをコントロールするために環境負荷をかけたトレーニングを行います。どんな海でもヘコたれない力が獲得できます。
このプログラム修了+50ダイブの経験を超えると「マスターダイバー」の認定を受けることができます。特殊条件のないほぼ全てのダイビングを楽しむことができます。

<受講内容>
学科講習×1回(4時間)
プール講習×2回(3時間/回)
海洋実習×2日(潜水回数4回)

ダイブマスター・オープンウォーターインストラクター

ダイブマスター

プロになりたいから受ける方はいらっしゃいません。特にダイブマスターコースは、チーム内で自分自身をどうコントロールするかを学ぶために受講する方がほとんどです。トラブルを未然に防ぐための知識や、周りの環境を把握し対処する方法(先読みのダイビング)を身につけます。どんな海でも潜れる力と心構えを獲得しましょう。
コース内容などはスタッフにお問い合わせ下さい。

ライセンスコース・スキルアッププログラム 料金表

※表示料金はすべて税込価格です。<2021年3月改定>

コース・プログラム コース概要 コース料金
(総額)
備考
オープンウォーターダイバー

オープンウォーター
ダイバー

スキューバダイビングを行うのに必要な基本的な知識と装着する機器の操作技術を学びます。水の特性を理解することで水中を自在に楽しむことができます。時間をかけてじっくり基礎を身につけていきましょう。 55000
  • 学科・プール2回
  • 海洋実習2日
    (6ダイブ)
  • 器材レンタル含む
アドバンスドオープンウォーターダイバー

アドバンスド
オープンウォーター
ダイバー

オープンウォーターで学んだ基礎技術の定着と応用技術の習得を目指します。新たに船を利用したダイビングや、深い水深の経験とコントロールを学びます。 99000
  • 学科
  • 海洋実習2日
    (6ダイブ)
  • 器材レンタル含む
一般救急法 酸素プロバイダー エンリッチド・エア・ナイトロックス

セーフティーダイバー
プログラム

一般救急法
酸素供給技術
エンリッチド・エア・ナイトロックス

ダイビング時の不測の事態に対処するために、一般救急と純酸素の取り扱い方法を学びます。ステップアップとして必要な技術ですが、ダイバーとして技術を習得することがマナーにもなる大切なカリキュラムです。
また、ダイビング中の窒素による身体への負担を軽減するために用いられる特殊タンクの取り扱いを学びます。海外では既に主流となっており、ほとんどの地域で利用されています。
88000
  • 学科+実技指導 
    5時間
  • 海洋実習1日
    (2ダイブ)
  • 器材レンタル別途
レスキューダイバー マスターダイバー認定

エキスパートダイバー
プログラム

レスキュー
ストレスコントロール
マスターダイバー認定

人命救助を学ぶイメージが強いですが、SNSI(サンズ)ではダイビング中に起こるストレスをコントロールするために環境負荷をかけたトレーニングを行います。どんな海でもヘコたれない力が獲得できます。
このプログラム修了+50ダイブの経験を超えると「マスターダイバー」の認定を受けることができます。特殊条件のないほぼ全てのダイビングを楽しむことができます。
121000
  • 学科4時間
  • プール講習2回
  • 海洋実習2日
    (4ダイブ)
  • 器材レンタル別途
ダイブマスター

ダイブマスター

最上級ダイバーとして不測の事態を未然に防ぐ方法や、バディーやグループでのコントロール方法を学びます。また自身のストレスコントロールの極みを獲得し、ガイドに頼らない真のダイバーを目指します。 297000 詳細はスタッフまで
体験プールダイビング

プールトレーニング
(3時間)

苦手技術の克服や安定水域でのトレーニングはプールが一番です。またサンズでは定期的な基礎技術・緊急対処方法の見直しを推奨しています。 22000
  • 大阪市内
    ダイビングプール利用
  • 器材レンタル別途
    (半額)

自分の力を試す海へ!トライアルダイブ
(実施ポイント・参加条件のご案内)

アドバンスダイバー トライアルダイブ

実施ポイント 参加条件
  • 串本有田エリア <塔の沖・吉右衛門>
    →トライアルダイブ限定ポイント
  • 串本住崎エリア <岬めぐりルート1・ルート2>
    →トライアルダイブ限定コース
  • 音海外洋ポイント <アサグリ>
    →初夏~秋限定ポイント/レスキューレベル
①アドバンスドオープンウォーター資格保有
②経験ダイブ数20ダイブ以上
③サンズでのダイビングブランク2ヶ月以内

レスキューダイバー トライアルダイブ

実施ポイント 参加条件
  • 串本外洋ポイント <双島二の根・北の根>
    →マスターレベル
  • 串本住崎エリア <岬めぐりルート3(長距離ルート)>
    →トライアルダイブ限定コース
  • 音海外洋ポイント <冠島>
    →初夏~秋限定ポイント/マスターレベル
①レスキューダイバー資格保有
②経験ダイブ数40ダイブ以上
③サンズでのダイビングブランク2ヶ月以内

※ダイビング料金はファンダイビング(パック料金適用)と同じです。外洋ポイントは追加+2200になります。